他人のエコな習慣を見ていいなと思ったエピソード

他人のエコな習慣を見ていいなと思ったエピソード

親しい友人の

★ 37歳 男性
親しい友人の、貧乏とエコ習慣が家族の距離を近くする、というエピソードです。
私はまだ結婚していないので、彼の家庭のことをあれこれ言う資格は無いかもしれませんが、貧乏だからこそエコを心がけることで、なんとそんな素敵な距離感が生まれるのかということを目の当たりにしました。

彼は今、実家に家族4人で暮らしてますが、彼が子供の頃は同じ家に7人暮らしだったので、今では家が広すぎる感じなんです。
私が泊めてもらったのが真冬の2月のこと。「朝ごはんだよ」って起こされて呼ばれた先はキッチンです。
そこには家族全員と私が座れるテーブルが置かれ、奥さんが狭いスペースで料理を作っている。ストーブも無かったのですが、ガスコンロの火と皆が一緒になってるせいか、とても暖かかった。狭い場所に家族みんなが集まってしまえば、別の暖房器具は要らないって初めて気付いたのですね。
私も結婚して家族が出来たら、ぜひともこんなエコで愛のあるスペースを作りたいものだと思いました。