他人のエコな習慣を見ていいなと思ったエピソード

他人のエコな習慣を見ていいなと思ったエピソード

「他人のエコな習慣を見ていいなと思ったエピソード」と言えば

★ 65歳 女性
「他人のエコな習慣を見ていいなと思ったエピソード」と言えば、こんなことがありました。

仲の良かった友人が、遊びに行くとお茶受けに必ず出してくれるのが「きんぴら」でした。
どんなものかというと、ダイコンの皮や人参の皮などを甘辛く煮て、きんぴらにするのです。
普通なら棄ててしまうものです。

ところが友人はそれをとっておいて、おいしくきんぴらにしてしまうのです。
メロンの硬い皮も漬け物にしたり、おいしいうえに随分エコで感心してしまいました。

更に、子供達に牛乳パックやトイレットペーパーの芯などをとっておき、いろいろなものを作って遊ばせています。例えば電車を作ったり、ロボットを作ったりなどです。
折り紙を使ったり、クレヨンを使ったりして、おもちゃは買わずに楽しんでいるのです。

これだと、お金もかけず、随分エコな生活を賢く送っているなあと感心してしまいました。
これが「他人のエコな習慣を見ていいなと思ったエピソード」です。